サッカー素人、haroのつれづれワールドカップ観戦記

サッカー素人の地方在住のおっさんが、自分がただワールドカップを楽しむために始めたブログです。もっと理解できるようになりたいので、サッカーの詳しい方、そうでない方もコメントよろしくお願いします。

Quarter-Finals スウェーデン王国 vs イングランド 試合後感想

バランスの良さと堅守を誇るスウェーデンと、歴史を変えた、奇跡のPK勝利で勝ち上がってきたイングランドの対決になります。

スウェーデンは両CBが素晴らしいパフォーマンスを披露しているので、イングランドが中央への攻めを続けるのかが、ポイントです。

スウェーデンは、エースのフォシュベリの調子が一向に上がらず、攻めの構築の苦しんでいます。

平均身長ではイングランドに勝るので、セットプレイに活路を見出したいです。

バランスが良いという利点もありながら、控え選手による得点や、勢いを加えるプレーはありませんでした。

スイス戦以外ではボランチも攻撃参加しないくらい、中央の守備は堅いので、先制点は与えないよう、注意したいです。

一方イングランドは、良く言えば武骨、悪く言えば不器用なチームです。

戦術的に融通が利かない選手たちで、3-1-4-2という解を見つけたことが、サウスゲイト監督がこの大会で得られた、最大の戦果だと思います。

個の力は、スウェーデンよりも圧倒的に高いので、1対1を11個作れた方が勝つ確率が上がったと思います。

単純な4-4-2へのフォーメーション変更が容易にできるように、左WBにヤングではなく、デルフを入れた方が良かったかもしれません。

二人とも右利きでありながら、所属クラブでは左SBの経験があります。

ヤングはベテランで勤続疲労もあると思いますし、おそらくイングランドが攻め続ける展開になることを思えば、そういった中でのSBの振る舞いと得意としている、デルフは適任です。

これまでイングランドが見せてきたのは、ケインの個人技と、セットプレイからのマグワイアのヘディング。

これ以外の何かを見せてほしいです。

多くの武器を持っているのにもかかわらず、一切披露しないイングランド

いい加減退屈なので、潜在能力をもっと見せてください。

あなたたちは、もっとできる。

~前半開始~

結局マグワイアのヘディングで得点しました。

追加点の可能性もありました。

スターリングは相変わらず、ゴール前での冷静さが足りません。

彼はそれを手に入れるだけで、世界屈指の選手に成れるはずです。

W杯のような大きな大会では、選手が急に成長することがあります。

何かのきっかけで、突然覚醒することがあるのです。

メッシ、ロナウドネイマール

主役がいなくなった今大会で、スターリングは名乗り出てもいいんじゃないでしょうか。

またチームとしては、インテンシティの高さで、スウェーデンを圧倒できているので、このままの流れを続けていけば、問題ありません。

イングランドは、緩急とかペースを変えるといった、気の利いたことが出来る人がいないので、このままでいいというのは、最高です。

スウェーデンは、何かを変える必要があります。

前述したように、選手交代には期待できないので、激しい連動プレスをどこかで繰り出す必要があります。

後半入ってすぐが、最初の仕掛け時になると思います。

~後半開始~

いきなりスウェーデンの猛攻です。

ベリのヘディングを、ピックフォードがナイスセーブです。

ジョー・ハートがいたので忘れてましたが、イングランド代表はかつて、GKが穴でした。

もうすっかり過去の話ですね。

スウェーデンにとっていい流れが来ていたのですが、流れの中から、アリの得点です。

アリがようやく仕事したのも驚きですが、イングランドはついに、流れの中から点を取れました。

スウェーデンにとっては苦しい展開です。

2点取れる得点力は、無いと思います。

10分に一度でいいので、猛攻が必要です。

と思っていたら、クラーセンのシュートをピックフォードがまたビッグセーブです。

彼がいなければ、追いつかれてたと思います。

またも、ベリのヘディングをピックフォードがビッグセーブ!

どっちが勝っても、彼がM.O.M.でいいんじゃないでしょうか。

 

結果、イングランドが勝ちました。

スウェーデンは、フォシュベリの不調が響いてしまいました。

それでも、良く戦ってくれました。

力を出し尽くしての敗北なら、受け入れられると思います。

それにしても、ピックフォードの活躍です。

昨季クラブでこんなに活躍してたっけ、と思えるほどの活躍です。

ニュースターの誕生ですね。

A代表としては、28年ぶりのベスト4を迎えます。

これから先は、ただただ楽しんでほしいと思います。